Nurse

【看護師必見】保健師の資格を持つことによるメリットは?給料に関係することも教えます。

看護学校を卒業する時に取得、または卒業後に取得した方もいる「保健師

私も持っていますが、看護師として働いているわけです。

働き始めの時は「この資格いる?」と思っていました。

それが、今となっては持っていて本当に良かった!と思えます。その理由について今回は紹介していこうと思います。

そもそも保健師とは?

保健師の仕事は、例えば身近な例で説明すると健康診断などで「今自分が抱えている病気は大丈夫だろうか?」「今の食生活はダメか?」といった相談にのってくれる方がいます。このような相談にのったり生活指導をしてくれたりする方が保健師です

主となる仕事内容は?

個人の健康相談にのったり、生活改善のためのアドバイスやサポートをしたりしています。地域住民や企業に勤めている方々といった生活しているコミュニティ全体の健康を推進していくという働きも担っているのです。糖尿病など生活習慣がもたらす病気や、うつ病などのメンタルヘルス問題などの社会が抱えている問題に取り組み、生活している皆様が健康的な生活を送れるにはどうしたら良いか?を考え、予防したりするのが保健師の主な仕事になってきます

勤務体制は?

基本的には公務員として勤務するため、残業などの長時間労働や深夜に及ぶ残業、夜勤や休日出勤などを求められるケースはほぼないと考えられます。企業に勤める企業保健師も仕事内容は企業に勤める一般の社員と違うので、長時間の残業が必要になるケースはあまりないと言われています。
一方、病院で患者の健康相談などをメインで行っている保健師や、健診センターなどで働いている保健師であれば、看護師業務を兼務している場合があります。その場合は残業や夜間帯の勤務が発生する可能性があります。

看護師とは違い土日や祝日は休みになるため、友人と休みが合わせやすい家族との時間を過ごしやすいというメリットはあります。

看護師に必要な理由とは?

これまでに「保健師とは?」という部分を説明してきました。ざっくりとですが、仕事内容や勤務体制など理解できたかと思います。次に看護師として働きながら資格を持っていて良かったと思えた瞬間です。

給料に差が出る

なぜ看護師として働いていながら、保健師の資格を持っていて良かっとと思えたかと言いますと・・

手当がもらえる

という理由です。

給料明細上での項目は「資格手当」となっています。

これが病院によって1万円〜5万円と差がすごいあるのです!

今の給料に上記の金額が上乗せされると考えると・・。生活が少し楽になりますよね?私の場合はすごく助かっています。服を買ったり、貯金をしたり・・。時には、同期の看護師より給料高いぜ。と、密かにドヤ顔なんてしたりしています。笑

もちろん、看護師として働いている中に保健師の業務は一切ありません。それでいてただ単に給料に反映されるのですから、嬉しいものです。資格として持っているだけ。本当に取っていて良かったと思えました。

資格を持っているだけで誰しもが手当はもらえます。ただし!差があることを忘れずに。私は転職する前と今では2万円の差があります!同じく働いているのにこんなにも差があるのは納得できないですよね?しかしながら、そんなことが有り得る現実なのです。

誰しも思うことですが、給料は高い方が良いに決まっています。それだけで仕事のモチベーションが上がります。「これだけの給料もらっているし、少しくらい頑張らないと。」とも思えます。

だからこそ!病院選びは慎重にしましょう

募集要項の中に資格手当◯円と記載されているはずです。もし、記載されていない場合は直接聞くことをオススメします。給料だけで病院を選ぶわけではありませんが、プラスαは欲しいところです。

 

いつでも職を変えられる

職業そのものを変えるのは不安が強いですが、看護師から保健師への転職であれば学生時代に少しばかり勉強もしていますし、変えやすいです。

何年か看護師として働いていれば、病院で働くことに疲れてくるものです。行政や会社など他の場所で資格を使った仕事ができないものかと考えます。

その時に役立つのが「保健師資格」なのです。一から取得するのではなく、既に持っている人はその資格を使って違う仕事ができるのですから有利です。また、自分の逃げ道があるのも精神的には安心します。逃げ道というとあまり良い意味では捉えられないですが、看護師がダメでも自分には保健師があるという考え方が、精神的にゆとりをもたらしてくれます

また、企業や学校の保健師は基本的に少人数のため、臨床経験があった方が採用されやすい傾向があります。そのため、病棟で経験を積んでから保健師へ転職するという方向は間違っていないのです。何かあった時の対応力は看護師として働いていた方が断然動けますからね。急変時の対応も素人とは全然違ってきます。

看護師以外にチャレンジしてみたい。病院以外で働きたい。

と、思った方は是非保健師を活かしてみてはどうでしょうか。

おわりに

「保健師」資格を持つことの大切さについて紹介しました。

保健師の資格を持っていなくても十分看護師として働くことはできますが、やはり給料を考えると持っていて損はないです。「資格手当」を持っているだけでこんなにも差がある資格もなかなかないので、気になった方は今自分がもらっている手当をチェックしてみてください。

今以上の給料がもらいたい方、今の職場に不満足な方は転職する際に今回の点も踏まえて転職することをオススメします。

参考になっていただけると幸いです。



 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
irohas
irohas
ファッションやオシャレに全力を注いでいます。 皆様のオシャレになりたい、カッコ良くなりたいを支援できるようなブログを目指しています。 看護師としても働いているので仕事のことも時々記載していきます。